風俗で悩まされる

元々年上が好きだったんです

風俗では大抵人妻のお世話になります。風俗云々じゃなく、年上の女性が好きだったんです。甘えるのが好きなんですよ。だから年下より年上の方が好きなので、風俗でも自ずと人妻ばかり指名するようになりましたし、人妻との時間は自分の性癖を満たしてくれる満足感のあるものになるんですよね。自分の理想が明確な分、こっちとしても何をすべきなのかが分かるじゃないですか。何となく人妻を選んでいるのではなく、人妻を選べば間違いないだろうっていう確信があるんですよね。それに、人妻風俗嬢はやっぱりありがたいんですよ。お客ファーストというか、自分のことよりもお客を満足させると言うことに特化しているって言っても過言ではないですよね。そこまで真剣に考えてくれているので、人妻とのプレイには安定感があります。それに、甘えてもしっかりと応えてくれるだけの包容力もありますので、自分にとっては人妻の存在こそ、最高の存在と言っても良いんですよね。

燃える時、それは風俗

人生の中で、自分が「今燃えているな」と実感するシチュエーションは、はっきり言って風俗の時だけですね(笑)仕事なんて事務なので自分の能力を発揮するようなことはありません。淡々とこなしていくだけでいいんです。そこにスキルもパーソナリティも求められていないんです。だから仕事はまるで機会になったかのように淡々とこなすだけですけど、その分風俗ではその反動と言わんばかりに自分でも燃えるんですよ。風俗で燃えるとやっぱりこっちの気分としても悪いものではないというか、たまには自分の気持ちを吐き出さないと、自分が何を考えている人間なのかもよく分からなくなってきちゃいますし、ストレスなのか、それとも一体何が目的でイライラしているのか自分でも分からないような状況になってしまいます。だから風俗に行って、自分のリアルな感情を吐き出すことによって、自分自身でいられるんじゃないのかなって思っているので、かなり重要なんですよ。